CONCEPT

こだわり

時を経ても美しさを放つ「アンティーク」な新築住宅

うーの家は、古木風の木材、天然漆喰、石やレンガを組み合わせ、使い込まれたアンティークの味わいを新築住宅で再現します。
最新設備なのに「古さ」が醸し出す美しいデザイン、自由度の高い設計、そしてコストダウンを実現しています。

うーの家の魅力

point1天然漆喰

美しさを際立たせ、快適空間を実現する”天然”漆喰

壁には天然成分を原材料とした昔ながらの製法で作られた国産漆喰を採用。

天然漆喰の耐久性は60年~100年とも言われており、室内の空気を浄化、湿気を調節する性能を持っており、汚れも還元作用により目立ちにくくなります。安全性、耐久性、見た目において最高の壁材といえます。

point2独自の木材加工

木が醸し出す美しい「古さ」その古さを引き出す独自技術

うーの家のコンセプト「アンティークな新築」を実現するのが、新品の木材を古木風にアレンジする独自技術「カーヴ&スクラッチ」。
特殊なカンナで角を落とし、キズを付け、木目を浮き上がらせ、オイルステインする事で、使い込まれた雰囲気を再現します。

point3空間演出

アンティーク家具や小物が活きる空間作りと演出作り

白い天然漆喰の壁がより際立つように、天井の梁、収納扉などの建具、中の棚、ペンキの塗り加減に至るまで、トータルバランスを考えて落ち着ける雰囲気の空間を演出。細部に至るまで妥協なく、丁寧に作り込みます。

point4外観

ランドマークとしてのその存在感と調和

うーの家は、構造・内装のこだわりだけではありません。外壁も天然漆喰を塗り込み、瓦にも「アンティーク調瓦」を使用。外構や植栽もレンガや石積みなどを使うことで、我が家に古美(ふるび)た愛らしい雰囲気が生まれてきます。

point5建築の仕様

うーの家は、天然漆喰・カーヴ&スクラッチ加工法以外にも、快適性・耐久性を実現する仕様を導入し、安心の家作りを行っています。

  • 羊毛断熱材

    ウールは空気をたくさん蓄えることができるうえ熱伝導率が低いため、優れた断熱効果を得られます。
    また省エネ基準の家に比べて年間60%の暖房費を節約可能にします。
    ※CO2も45%(960kg)削減。

  • 無垢材

    無垢材とは木を伐採し、乾燥・製材して、寸法を整えてそのまま建築の材料として使う材のことです。調湿効果や香りによるリラックス効果もあります。
    また、キズや汚れも風合いとなり、長い年月を経て味わいを増す経年美も無垢材ならではです。

  • 3層ガラス窓

    うーの家の家づくりは単に美しいだけではなく、断熱性・気密性も優れています。
    ガラス部分には高性能コーティング(LOW-E)を施し、「冬は暖かく、夏は涼しい」ベストバランスを実現しています。

  • APS工法

    素材を生かし、雰囲気を損なうことなく、住まいとして必要な高い耐震性・耐久性を実現するAPS工法を採用しています。
    従来の金物がむき出しになる工法とは異なり、室内の雰囲気を損ねない高い意匠性を誇ります。使用する金物は、高熱や厳しい気候に対応した高耐久性です。